ヤングエリザベス5ポンド金貨 入手すべきは1980年

通称ヤングエリザベスは、

1980,1981,1982,1984年の4年間の限定で英国で発行された希少金貨になります。発行枚数は以下のとおりです。

1980年 10,000枚
1981年  5,400枚
1982年  2,500枚
1984年  7,095枚

総発行枚数は合計27,595枚と多く感じますが、

金価格が上昇した際に多くのヤングエリザベス金貨は地金として溶解されたことから、現存数は推測するよりかなり少ないと聞いています。

 

ヤングエリザベスを探される場合、

発行枚数が一番少ないという理由から1982年を探されることが多いです。2022年現在も、1982年のみが他の年度より最も飛び抜けた価格250万円で取引されています。

 

ここで、

別に視点、最高鑑定が出る確率から見てみましょう。

最高鑑定(2022年1月NGC社)の出た確率について求めますと、

1980年は約11%

1981年は約31%

1982年は約25%

1984年は約22%

 

いかがでしょうか。1980年が最も最高鑑定が出にくいという結果です。

 

1980年は、初年度発行であること、そして、溶解され実残存数は激減していることに加え、最高鑑定が最も出にくい点から、今後この認識が広まる場合、希少性が価格を押し上げていく日はそう遠くないとみています。まだ気づいている人が少ない内がチャンスです。

 

1980年 ヤングエリザベス 5ポンド 金貨 PF70UCAM